生活が豊かになりオシャレになる、外資系企業への転職

MENU

生活が豊かになりオシャレになる、外資系企業への転職

 

転職をする時には面接の際に給与の交渉をします。
転職理由は何であれ、今までよりも収入アップさせたいと思うのは当然のことです。
転職人生逆転3
しかしその給与の交渉にはコツがあります。

あまり高過ぎると「自信過剰な人材」と思われるし、低過ぎても「やる気がないのでは」と思われてしまいます。
希望の給与を述べる時には「現在は幾ら貰っていますので、それよりは下げたくはありません」と言ってから希望の金額を伝えるのがポイントです。

 

外資系企業の場合には上記よりも少し強めに「自分ではこれ位の価値はあると思っています」と言った方がやる気と能力が伝わります。
外資系企業は日本企業と違って年齢給ではありませんので、能力があればそれだけの収入を得ることができます。

 

20代でも年収500万円位が可能で、日本企業から外資系企業に転職すると生活が一気に豊かになります。
都会のマンションで一人暮らしができたり、自宅ならば車を持てる様になることもあります。
その代わり外資系企業は能力がないとすぐに外されてしまうので、成果の出る仕事をしなければなりません。
そして服装にも厳しく、安っぽい恰好でいるとそれだけで能力がないと見なされてしまうこともあるのです。
転職人生逆転4

外資系企業に転職をすると、今まで制服のある日本企業だった女性は、とにかくきちんとしたスーツを誂える必要があります。
会議やプレゼンテーションに出席するだけではなく、自分も発表する立場になると、服装も能力の一つとなるのです。

 

転職をして生活が豊かになり、洋服も買い揃えることができて、貯金も貯まっていきます。
その代わりに付き合いも派手になり、食事をする時には居酒屋では満足せずにイタリアンレストランやワインバーに行く様になります。
自分に自信がついて今の生活を落としたくないと思う為に、一層仕事に精を出すようになっていくのです。